ビュリー 櫛。 「ギフト難民のみなさん、注目〜!」自分もつい欲しくなる、大人女子が喜ぶおしゃれギフト(anna(アンナ))

「香り酢」とは、Vinaigre de Toilette(ヴィグネトワレ)で、18世紀のフランスで、婦人たちの気付けとしても機能していた香りがついたお酢で、コルセットなどして気が遠くなりそうなときに嗅いだり、 シェービングの後やシャワーの後に肌や髪につけられていたものです。

Next

その際、パッケージのご指定はできません。 製品の内容だけで無くパッケージなどプロダクトデザインに至るまでラムダン氏が手掛けていると言うから驚きだ。 今回の店舗デザインには、ラムダンが来日の度に訪れる合羽橋の道具店の商品や伝統技術を取り入れたという。

Next

キャッシュレスやペーパーレス、さらには生活の変化で、お財布やポーチの選びが以前と変わることも増えています。 ディスプレーに使用している植物の中には日本では手に入らないモノも有り、その場合は世界各国の生産者に自ら会いにいき、交渉し、譲り受けたそう。 嫌味のない香りはユニセックスで楽しめるものも多く、パートナーと共通の香りにしてもよさそうです。

Next

この店のルーツは、19世紀にさかのぼる。

Next

左手にはカウンターを設置し、フェイス&ボディブラシや櫛といったグッズのほか、フレグランスマッチやアラバストルストーンなどのホームフレグランスを販売。 セレクトアイテムとしてラムダン氏とヴィクトワール氏が世界中を旅して見つけたボディケアアイテム ブラシやスポンジ やオイルなどを加えてマスクを作る自然由来の"クレイ" ミネラルの含んだ細かい粒子 と呼ばれるパウダーやローズ、アルガンなどピュアな状態で抽出したオイルなども用意されている。

Next

カウンター奥の内装は、フランスの伝統的な劇場をイメージし、フランスから取り寄せた装飾を施した。 と、洋と和の融合。 店内には、ロマンティックなパッケージに包まれた身体と心に嬉しいボタニカルアイテムが所狭しとラインナップしています。

Next

貴重な技の伝承者だ。 付属のベロアケースに入れて持ち歩けば、気分も上がります... 青山骨董通り店の看板 同店の店舗面積は40平方メートルで、一本の通路のように設計。 1803年創業 L 'Officine Universelle まず始めに"L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー。