ソ連 崩壊。 第3章 各地域の情勢と日本との関係 第4節 旧ソ連

ゴルバチョフは1988年3月のの中での否定、諸国へのソ連の不干渉を表明していたがこれを受け1989年から1990年にかけて(東ドイツ)や、やチェコスロバキアなどの衛星国が相次いで民主化を達成した。 McMahon• FXCM. 市民の間では、事態を打開できないゴルバチョフらソ連共産党に対する批判が高まった。

Next

1950年代にアメリカの総生産は世界の約4割、金と外貨の保有は約5割に上り、名実共に世界の盟主となっていた。 この戦略は「相互確証破壊」と呼ばれ、2つの超大国が直接戦火を交えることを防ぐ抑止機能を発揮しました。 では欧州の連盟に参加していることからヨーロッパとする見方があるが、、、などの西アジアの国々も加盟しており、全くこれは論拠にならない。

Next

必ずしも中身、つまりソ連時代の生活様式を復活させたいということではないと思います(もちろん、一部にはそういう人もいるとは思いますが)。 (1922年までは「ソヴィエト=ロシア」、それ以後は「ソヴィエト連邦」)• 概要 の解散を受け、ソビエト連邦を構成する12のが主権国家としてし、の のの辞任により、がされ、 ソビエト連邦共和国が事実上滅んだたである。 首都はモスクワです。

Next

<『朝日新聞』06年12月8日夕刊>. 以降、コンピュータや半導体といったハイテク部門の重要性が増すと、重工業優先のソ連ではその技術を導入するのが困難となり、技術進歩率は停滞、ついには設備の老朽化と相まって1980年代には技術進歩率はマイナスに陥ってしまった。 () 冷戦の変容(1963年-1968年) [ ] ベトナム戦争中、前線に降下するのヘリコプター によって寸前の状況を経験した米ソ両国は、核戦争を回避するという点において共通利益を見出した。

Next

すでにフルシチョフ時代から言論統制はむずかしくなってきており、反体制知識人の活動が続いていた。 西側諸国人との交際やは多くの障害があり、特に幅広く指定された「国益に直接関係する者」や「国家機密に関わる者」の婚姻は禁じられていた。

Next

伝統学派・修正主義学派に続く ポスト修正主義学派 Post-Revisionist は、先行する学派の議論の抱える問題点を克服し、さらにこの頃徐々に公開が進んだ西側政府の公文書を活用することで、歴史研究としての実証性を増す形で議論を展開することとなった。 ロシアを辺境の国家から列強へと脱皮させたピョートル大帝の功績は「ロシア史はすべてピョートルの改革に帰着し、そしてここから流れ出す」と評価されるほどです。

Next

Gabriel Kolko and Joyce Kolko, The Limits of Power: the World and United States Foreign Policy, 1945-1954. ソ連崩壊と北方領土、チェルノブイリと崩壊後の暮らし ソ連崩壊後のロシアでは、 経済状況の悪化や犯罪率の上昇など、 暮らしに関わる様々な問題を引き起こした。 これによって労働者の職場や仕事に対する関心と生産意欲が高められるはずであった。

Next