アメリカ 渡航 外務 省。 外務省、不要不急の海外渡航中止求める 多くの国に感染症危険情報「レベル3」、全世界に「レベル2」

「ビジネストラック」を運用している国・地域から帰国される際に入国後14日間の限定的なビジネス活動を希望される場合は、「ビジネストラック」利用のための手続が必要となります。 髄膜炎菌感染症 髄膜炎 脳の周りを覆う髄膜の炎症 は様々な細菌、ウイルスが原因となって起こる病気ですが、その中でも髄膜炎菌(Neisseria meningitidis)は、髄膜炎の大きな流行をもたらします。 日本人が観光やビジネスなど90日以内の短期滞在を目的としてアメリカに訪れる場合、事前に電子渡航認証システム「ESTA(エスタ)」の認証を受けることが必要です。

<レベル3(渡航中止勧告)>。 すぐに回答がない場合でも、72時間以内にホームページ上に回答が出るので、数時間後に再び確認してください。

Next

必要な手続・書類は出発国・地域が入国拒否対象地域に指定されている場合とそうでない場合で異なりますので、でご確認の上(同ページの1(1)に含まれる場合は入国拒否対象地域)、以下該当する方をクリックしてください。 アメリカを旅する• 「レベル1:十分注意してください。

Next

上記でご案内した外務省の「危険情報」はあくまで日本政府の見解です。

Next

可能性は限りなく低いですが…。 申請料金 2010年9月8日より、全ての渡航者は、ESTA申請時に14ドルの申請料金を支払わなければなりません。 外務省海外安全情報配信サービス(たびレジ)においては、現地の日本国大使館・領事館から、随時安全情報がメールで配信されますので、必要な方は、から登録してください。

11月1日より、日本在住の日本人及び在留資格保持者を対象に、ビジネス目的での短期出張からの帰国・再入国時に、ビジネストラックの14日間待機緩和を準用する仕組みが開始されています。 (2)本邦入国のために必要な手続・書類 外国人の方が本邦への新規入国を希望される場合は、レジデンストラックと同様の手続が必要になります。 オセアニア(大洋州)では、オーストラリア、ニュージーランドの2カ国。

Next