Iot 検定。 IoT検定 難易度

出題範囲 IoT検定で出題される内容は多岐にわたります。 。

Next

データ分析:学習テキストでカバーできる。 フォローする• ですので細かい知識を抑えるよりも、全体を見回してどういうジャンルにIoTは足を突っ込んでいるのかを知りながら勉強するとよいでしょう。

Next

以下は、IoTプロ全試験に共通する出題範囲です。 シェアする• 戦略とマネジメント 企画推進・戦略立案のための基礎知識 プロジェクトマネジメントに関する知識 人材育成と企業間連携に関する知識 産業システムと標準化 産業システム・スマート製品に関する知識 世界各国におけるIoT推進プロジェクトに関する知識 IoT関連の標準化に関する知識 法律 通信関連の法律に関する知識 製品の製造及び使用に関連する知識 オープンソースのライセンスおよび知的財産に関する知識 ネットワーク データ送信プロトコルに関する知識 WAN(広域エリアネットワーク)に関する知識 LANおよびPAN Personal Area Network に関する知識 IoTデバイス 小型制御装置に関する知識 電子工学に関する知識 センサ技術に関する知識 IoTにおけるスマートフォン活用に関する知識 IoTプラットフォーム クラウド環境利用に関する知識 分散処理システム利用に関する知識 データ分析 データベースに関する知識 機械学習および人工知能に関する知識 セキュリティ 暗号化に関する知識 攻撃対策に関する知識 認証技術に関する知識 システムの監視・運用に関する知識 IoT検定を受験するメリット IoT検定ユーザー試験では、IoTに関する知識やキーワードに理解があることを証明することができます。 参考書籍を読んでいれば問題ないと思われます。

Next

・今回の検定を受けて、実際の必要知識などをもう一度見直すいい機会だなと思いました。

Next

過去に描いた未来の到達です。 IoTシステム技術検定試験がおすすめの人 IoT検定に比べると、システム構築や設計、実践など、より技術的な部分の知識や理解が必要とされるのがIoT技術検定試験の特徴です。 データ通信プロトコルに関する知識• 参考書籍だと情報不足なところがあります。

Next

会場では本人確認が行われ、受験者は会場に用意されたコンピュータから出題される問題を、コンピュータに対して回答します。 違い程度がわかればいいと思います。

Next