デイブ ブルー ベック。 テイク・ファイヴ

(獲得後であっても利用時点ですでに上限枚数を利用されている場合は、お買い物かごでのクーポンの表示はされません)• これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。 Calcutta Blues : 旧英領インドの首都カルカッタ 「ユーラシアの印象」というタイトルなので、エスクックな怪しげな雰囲気の曲や、インド音楽風の怪しげな雰囲気の曲が出てくるのでは無いか、と警戒する向きもありますが、思い切って(笑)聴いてみると、全くそんなことはありません。 今年もクリスマス・イヴである。

Next

Brubeck! 317. One Alone 2000• 震災から4年8ヶ月。 不思議の国のアリス 18. ヘルメットを被った爽やかなお姉さんとして。

Next

The Dave Brubeck Trio 1950 Fantasy• 解説を読むと、ポール・デスモンドとの約15年に渡るコンビネーションの締めくくりを記録した南米ツアーの記録とのこと。 特に、後半のジェイ&カイの演奏が、トロンボーンがメインの、明らかに流麗で優しいフレーズ満載のハードバップな演奏なんで、このジェイ&カイの演奏の対比からしても、このライブ盤でのブルーベック・カルテットは、当時のジャズとしては意外とアブストラクトで硬派な純ジャズ風。 バロック趣味の対位法など、クラシカルな要素も織り込んで、ブルーベックは弾きまくる。

1996 - Moe Koffman "Take Five"• 2019:• 配送の時間帯指定 飛脚宅配便は、配達時間指定が可能です。 Customer Reviews: This is a great way of finding out about Dave Brubeck- I can figure out from this album the measure of this guy. The New Brubeck Quartet: Live at Montreux 1978 Tomato(ライヴ)• ザ・ラスト・セット・アット・ニューポート - 1971 Atlantic• I particularly like how other musicians actively reference his work- I'm thinking of St Germain. 2 アーカイブ• 演奏は勿論ですが、ジャケット写真にも惹かれると思ったら何と『ヴォーグ』や『ライフ』の表紙を撮っていたリチャード・アヴェドンが20才の頃に撮影したもののようです。

Next

僕は学生時代、今を去ること30余年前から、デイブ・ブルーベックを聴いてきたが、スイングしないなんてとんでもない。 隊員の中には帰国する際にSAS隊員から贈られた寄せ書きにこんな言葉が記されていたという。

良いアルバムです。 その後のことは、歴史が語ってくれてる。

それまで「白雪姫」の「いつか王子様」などジャズ化できるなど誰も思わなかった。 スクエアにスイングするブルーベックのロング・ソロ。

Next

The Duke 8. あまり我が国のジャズ盤紹介本に挙がらないライブ盤なんだが、ブルーベック・カルテット初期の意外と硬派なハードバップ演奏が聴ける。

Next