パーソナル カラー 診断 す た いる ラボ。 スタイルラボ Style Labo 代表 中野万由子のブログ

ベースカラーは、ネイビーやグレーなどを選ぶとまとまりやすくなります。

モノトーンにアクセントカラーを1色使うと、パッと鮮やかな有彩色が映え、より凛としたスタイリッシュな雰囲気を纏うことができますよ。 コスメはコーラル系を選ぶと、肌馴染みがよく顔色が明るく見えます。

Next

パーソナルカラーを診断• 自分があまり似合わない色がわかれば、買ってもあまり使わなくなってしまうムダ買いも減らすことができるでしょう。 笑 服や小物を選ぶ場合、 ・甘々を避ける(曲線に偏りすぎない) ・辛いのも避ける(直線にいかない) ・大人めをいくならソフトエレガントに寄せる ・ブラウスの襟元はV字や丸みがあるものを選ぶ ・似合う柄は、小花、ギンガムチェック、小さめドット、ペイズリー、横ボーダー、モノトーン ・アクセサリーはシンプルで小ぶりで可愛らしいもの ・メガネは丸みのあるもの(オーバルよりはボストン) 髪型は、 ・前髪ありが似合う、流すと良い ・ふわっとワンカールを入れる ・長さはボブ〜セミロングが良い 他に参考にしやすい雑誌や似合う服のブランドを幅広く(本に書かれているブランド以外のものも含めて)教えてもらいました。

Next

春(Spring タイプの人にオススメなメンズコーデ モノトーンコーデに、ベージュのトップスを合わせることで、柔らかい雰囲気を演出。

Next

白よりもオフホワイト、オフホワイトよりもアイボリーです。 筋肉の弾力があること、ハリがあることがキーとなりました。 スプリングタイプは春に咲く花を、オータムタイプは実りの秋をイメージするとよいでしょう。

パーソナルカラー診断を行い、メイクアップや苦手な色(避けるべき色)などのアドバイスももらえるので、今後の全身のコーディネートに役立ちそうです。 似合うカラーは4つタイプに分けられる パーソナルカラーは基本となる4つのカラータイプに分類されます。

Next

ドレープの色によって、目まぐるしく印象が変わりました。

Next