七 つの 大罪 ネタバレ。 【七つの大罪】346話最終回ネタバレ!次の世代の続編決定!

国を去り放浪していたところを、マーリンとメリオダスに出会い「七つの大罪」の一員となったのです。

Next

原初の魔神は、合体前に「体力を温存していてくれ」とゼルドリスに言っていたので、ここまでの流れから強いマーリンに絞ってくると思います。 「アーサーはポクに喰われ、ポクは混沌と完全に一体化して~すべてを呑み込む」 そう言ったキャスの言葉に、何か気付いた様子のアーサー。 ただ、メラスキュラは何度か「七つの大罪」に殺されているので、7つあった心臓も残りわずかと思われます。

Next

戒禁を破ると、一瞬で寿命が尽きて死に至るということです。 回想でもありましたが、ゼルドリスは元々兄を慕っていましたので、徐々に兄を敬愛していたあの頃の自分に戻りつつあるのではないかと思われます。

Next

度々暴走する危険な状態ですが、闘級は14万2000とずば抜けて高くなります。

Next

「とりあえず四回は死んでくれる…?でないとあいつに怒られるからさぁ」(『七つの大罪』12巻から引用) 普段、沈着冷静なキングが怒りに熱くなる、貴重なシーンです。

Next

メリオダスはトリスタンに、お前、聖騎士になりてえのかよ?と聞き、力強く「うん!」と返事をするトリスタン。 キリスト教の「七つの大罪」を題材に、猟奇的な連続殺人事件を描くサスペンス・スリラー『』。

Next