坊 垣 佳奈。 プロジェクトの1〜2割は金融機関から 地方金融機関との連携を強化するMakuake

google-analytics. これが事業の主としての工芸SPAですね。 坊垣 自分の経験で大きかったのはゲーム事業に携わったときのことです。 多様性を意味するダイバーシティが浸透していく中で、私たちはこれまで以上に、学習や経験、場数を積み重ね、グローバル社会を生きていくためのイノベイティブな思考力、価値観を身に付けなければならない。

Next

退職後に単身オーストラリアへ。

Next

Makuakeを運用するマクアケ社の共同創業者・取締役の坊垣佳奈氏は「消費活動を通じて世の中を変えたい」と意気込みを語った。 一例を挙げると、ファッション業界で起きている大量廃棄問題。 坊垣氏は、 「お金を払うことを通じて万博までの5年間、プロジェクトを応援あるいはそこに参画してもらい、モノの完成に向けた経過進ちょくを見守る取り組みを形にしたい」 と述べた。

Next

支援=出資すると物をもらえるように、サポーターがわかりやすい仕組みであることがうまくいくケースだと思います。 必要とされるものを、必要な分だけ作る。 とくに最初の事業立ち上げ時のコアメンバーの採用と、会社のビジョンづくりが大事だと思います。

はじめてお話をした際、まさにマクアケ社でフェアな組織作りをされてきたこと、更にそれが経営における競争優位性となっていると強く感じたことを覚えています。 その後、2つの子会社の立ち上げフェーズに経営サイドとして参画し、多くの経験を積ませてもらいました。

Next

客観視することを繰り返せば決断力も高まっていきます。 そのようなフェアな社会の実現のため、ともに邁進したいと考えております。 例えば、パフォーマーのイベント(公演)を実施するために資金を集め、サポーターへ公演チケットをお返しするプロジェクトもあります。

時代は変わり、組織に占める女性の割合は増えているのに、それを活かし切れる組織風土も文化も足りないのが日本の現状です。

Next