竹 ひご 工作。 竹 工具の製作 厚さきめ 幅きめ

思うように研げるようになるのに、3年かかるとのこと。

Next

その上での、加工技術になります。 どのようにして節を越えるの?もご覧いただけます。 乾燥が厳しすぎる部屋、場所では、割れが発生しやすくなりますので、事前に考慮の上、ご使用下さい。

Next

バーベキューなどのシーンでも活躍する竹炭も、自作してみませんか。 厚めの紙を本体の前後の穴より大きく切っておきます。 和弓は縦に切断して、角材のようにして、並列に並べて強度を得ます。

Next

四つ目編みは、同じサイズの竹ひごを、順に編んで行くことで作ることができますので、編みやすく、覚えやすい編み方です。

干割れ防止技術(別途、ご相談下さい) 従来から竹は染色されてきましたが、高温の染液に長時間浸漬する為に油分が抜け、非常に干割れし易くなり、 丸竹としての染色竹は価値が低く割り竹等に限定されてきました。

幹や枝にできた天然の紋様が美しい。

Next