黒い 雨 訴訟 と は。 「黒い雨」訴訟、国控訴方針 広島県・市と協議詰め:時事ドットコム

控訴期限の12日に控訴する。 だからわれわれも訴訟に踏み切った」と話す。

Next

「黒い雨」訴訟関係の歴史についての質問です。 その上で、法改正して「中性子線や放射能によって傷ついた遺伝子・DNA」の検査を国庫負担で行ない、放射能被害者と確定したら、積極的に支援する仕組みを作る必要があると思っています。 原爆がさく裂した瞬間に放出された放射線が弱かったり届かなかったりした地域でも下痢や脱毛などの健康被害が確認され、黒い雨の影響が指摘されてきた。

Next

政府は控訴しない方向のようでよかったと思いますが、「黒い雨」訴訟は5年前(2015年)から始まったそうで、なぜ70年以上も経った今頃にこのような裁判が行われなければならないのか疑問を感じ、それって結局、原爆被爆についての研究と補償がひじょ~に遅れてきたということかなとは思います。 81 ID:l13uiwNA9 広島市への原爆投下直後に降った放射性物質を含んだ「黒い雨」を巡り、 国の援護対象区域外にいた原告84人全員(死亡者含む)を被爆者と認めた広島地裁判決について、 加藤勝信厚生労働相は12日記者会見し、広島県、広島市と共に控訴したと表明した。 だが結論は「残留放射線も人体影響は認めることができなかった。

原爆投下直後に降った「黒い雨」を浴びたのに、国の援護対象から外された地域の84人が訴えた「黒い雨」訴訟で広島地裁は7月29日、原告らの主張を認め、広島県と広島市に対し被爆者健康手帳などの交付却下処分を取り消し、手帳の交付を認める判決を出しました。

Next

【判決の指摘は】 29日の判決で広島地方裁判所は、黒い雨の範囲について、「かつての気象台の調査に限定せず、ほかの調査結果なども参考に、もっと広い範囲で黒い雨が降った事実を確実に認めることができる」と指摘し、黒い雨が降ったのは、援護区域よりも広範囲だと判断しました。 この5年間で16人の原告が亡くなりました。 裁量余地なし 市が担う被爆者健康手帳の審査、交付の事務は、国からの法定受託事務で、市に裁量の余地はない。

広島地裁での「黒い雨」訴訟は7月29日、原告が全面勝訴し、事実上、「黒い雨」で被爆したとされる対象エリアが6倍以上も拡大することになったわけですね。 判決について原告の本毛稔さんは「長い裁判の途中で亡くなった16人の仲間に、『勝ったよ』と伝えたい」と話しました。

Next