みそ 太郎 周南 市。 サンデー周南

2年生112人は、15か所の中から興味のある1か所を選び、学級を解体してチーム編成を行いインタビューを考え、各施設に事前に手紙で知らせておきました。

Next

お店の方にアドバイスを受けながら、実際にお客様へのお茶の接待や菓子販売を行いました。 ワークショップ形式の振り返り活動により、自動車作りや自動車と環境について、子どもたちなりに理解を深めることができました。 店長さんから「接客業」に携わる人としての心構えなどを聞いた後、「実習生」の腕章と制服のエプロンをつけて店舗に出ました。

Next

またまかない、従業員割引制度なども多くの企業が対応しているようです。

Next

周南経・上半期1位は「下松・愛好家がプラモデルを譲り受け、SNSで話題」 足利経済新聞 - shunan. 企業連携による体験学習 1年生はインターンシップを2回実施しています。 健康チェック• 法曹(弁護士)、経営(公認会計士)、金融(証券会社)、公務員(市役所)、学校教育(中学校教員)、幼児教育(保育士)、国際関係(企業の海外事業担当者)、科学技術(企業の研究担当者)、食料品(企業の開発販売担当者)、建築(建築士)、医療(医師、看護師、作業療法士、薬剤師)、栄養(管理栄養士) はじめに、異なる分野の講師3〜4名から成る講座(5会場)に分かれ、座談会形式で各分野の特徴や職業人になるまでの体験等をお聞きします。

Next

菓子販売店での職場体験 校区内の保育園で職場体験を行いました。 4日間の職場体験は、本人たちにとって、かなり大変な体験だったようですが、社会の一員として役割を果たすことの意味について考える、貴重な時間となりました。

keizai. 周南経済新聞の2020年PV(ページビュー)ランキング1位は、下松の模型愛好家が大量のプラモデルを譲り受け、ツイッターで話題となった記事だった。 「酪農家の話」コーナーでは、酪農家の仕事の内容や牛が食べるえさの説明、「ふれあい」コーナーでは、子牛とのふれあいを通じて「ぬくもり」や「鼓動」を感じることで命の大切さを学習しました。 児童には、普段何気なく捨てているごみがどうなっていくのかを間近に見て知ることで、それに関わる仕事の重要さを実感できたようです。