ジョブズ 死因。 スティーブ・ジョブズ 死因の最新ニュース解説

56才という若さでした。

Next

膵臓がんは早期発見が難しいがんと言われていますが、スティーブジョブズさんのケースは決して治らないケースではなかったとも言われていました。

(1986年創業), スティーブジョブズさんは数々の画期的な「IT製品」を誕生させました。

Next

リンゴに青酸カリを塗って食べたと見られている。 。 とはいえ、真相は、彼と彼の家族にしか分かりません。

Next

, スティーブジョブズさんは過去のコメントで「代替療法に頼ったこと後悔している」などと語っていました。

Next

ヒッピーには、キリスト教などの主流宗教の教えに反発し、仏教、ヒンズー教、または瞑想などを通して、精神的な救済を求めるという傾向もありました。 2003年、腎結石の検査を受けたジョブズは、膵臓に影があることが判明し、内視鏡による生検の結果、(神経内分泌腫瘍)と診断される。