特定 悪臭 物質。 環境省_悪臭防止法の概要

1 試料ガス採取装置及び試料採取袋 別表第2の第1の2の 1 のア及び 2 注1 に定めるものと同様とする。

00035 刺激的な甘酸っぱい焦げ臭 硫化水素 0. 2 装置及び器具 装置及び器具は、次に掲げるとおりとする。 8gを水に溶解して全量を1lとしたもの この溶液は、使用の都度調製するものとする。

005 硫化メチル 0. 1~0. 1 試料ガスの採取 第1の3の 2 のア及びイに定める操作と同様とする。 キシレン 以上、6物質について、測定が可能な分析手法を新たに追加するため、所要の改正を行うものです。

Next

指定区域以外の区域 豚100頭以上又は鶏1万羽以上の飼料の加熱処理能力を有するもの。 イ 内部をりん酸 1+4 で洗い、水洗し、乾燥した後、被検成分の分析に使用するものと同種のガスクロマトグラフ充てん剤又はこれと同等以上の性能を有するものを充てんしたものであること。 1 / 20 この式において、Cはトリメチルアミン標準溶液の濃度 g/l 、aは塩酸 0. 3 測定の手順 濃度の測定は、別表第6の第2の3の 1 から 5 に定める操作と同様とする。

西宮市では、悪臭防止法に基づく濃度規制を採用しており、市内全域を「一般地域」として規制しています。 ア ほう珪〈けい〉酸ガラス製で内径4mm程度のものであること。 アンモニアなど22物質が特定悪臭物質として規定されており、府内の規制基準濃度は法に定める範囲内で各市町村が基準設定しています。

Next

エ カラム槽の温度は、被検成分の最適分離条件を設定できること。 3 試料の水分が少なく、吸着のおそれがないと考えられる場合には、別表第2の第1の2の 1 のア及び 2 注1 に示す装置及び器具を用いて、同表の第1の 2 のアに示す操作によりいったん試料採取袋に試料ガスを採取しても差し支えない。 001以上0. ウ ふっ素樹脂製キャップ及びシリコンゴム栓により両端を密閉できるものであること。

Next