西郷 隆盛 名言。 西郷隆盛が残した名言集「南洲翁遺訓」。全41条を現代語訳で!

」 でした。 この始末に困る人ならでは、艱難 かんなん をともにして国家の大業は成し得られぬなり。

「己を見失うな」「近道には落とし穴がある」など、内容は平易だが、含蓄は深い。 彼らはいずれも西郷隆盛や大久保利通らと同じ薩摩藩の郷中教育で育った少年時代からの悪がき連中だったのです。 11歳のときに友人の喧嘩の仲裁に入り、右腕の神経を刀で切られる。

だから、普段の準備が大事なのだといって次の古語を書いてくださった。

Next

ちなみにこれは紀元前3600年以上前の中国で儒教の教科書の一つ「書経」に書かれた一文を西郷どんが口にした言葉です。 2度目の会議で西郷の意見が取り入れられることになりましたが、それに反対する木戸、大久保らが辞表を提出。

Next

だって、誉められることが逆に自分自身をダメにするっていうことをいってるんですもの。 西郷は農民の声を直接聞くことのできる 郡方書役助 こおりかたかきやすけに、 対して大久保はいわゆる事務方であった記録所書役助となるのです。

Next

十一、道徳に基づかない文明は文明ではない。

Next

昨今では人を欺いてお金儲けをしている企業や事件も散見されますが、本来のあるべき姿ではありません。 人を相手とせず天を相手とせよ。 兄西郷隆盛は16歳も年上でしたから、子どものころから兄の西郷隆盛をまるで父親のように慕っていたのです。

Next