著作 権 法 第 27 条 及び 第 28 条。 編曲権・翻案権・翻訳権(著作権法第27条の権利)

(第4条2項3号の「自己のために金銭、役務その他の経済上の利益を提供させること。 (上演権及び演奏権) 第二十二条 著作者は、その著作物を、公衆に直接見せ又は聞かせることを目的として(以下「公に」という。

私は、とある資格(国家資格)を保有しておりますが、現在、その資格についての解説動画を作成し、ウェブ上で販売しようと考えております。 )であるレコード製作者からそのレコード(第八条各号のいずれかに該当するものを除く。

Next

)であつて、国内において私的録音に係る著作物に関し同条に規定する権利を有する者の利益を代表すると認められるもの ロ 私的録画に係る著作物に関し第二十一条に規定する権利を有する者を構成員とする団体(その連合体を含む。 )は、受注者又は第三者が従前から保有していた物の及び汎用的な利用が可能なプログラムのを除き、発注者より受注者へ委託料が完済されたときに、受注者から発注者へ移転する。

Next

2 無名又は変名の著作物の複製物にその実名又は周知の変名が発行者名として通常の方法により表示されている者は、その著作物の発行者と推定する。 3 前二項の意味における衛星放送とは、放送事業者が、その管理と責任のもとで、公衆による受信を予定された番組伝送信号を、中断しない伝送連鎖であって衛星と地上を往復するものに入力することをいう。

Next

著作物、商品又はサービスに対してなされる著作者の貢献が、単に従たるものにとどまる場合。 を譲渡する契約について、 少し確認しておきましょう。 (営利を目的としない上演等) 第三十八条 1 公表された著作物は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金(いずれの名義をもつてするかを問わず、著作物の提供又は提示につき受ける対価をいう。

Next

この場合は債権債務は当然には移転しないので、よく確認する必要があります。 保護を受けない音楽の著作物の実質を欠いた翻案物にすぎないものは、独立の著作物として保護を受けることはない。 (出版権の消滅の請求) 第八十四条 1 出版権者が第八十一条第一号の義務に違反したときは、複製権者は、出版権者に通知してその出版権を消滅させることができる。

Next

)を含む。 第60h条 法律により許容される使用に関する相当なる報酬 1 著作者は、この款の定めに従う使用に関して、相当なる報酬の支払いを求める請求権を有する。 (出版権の登録) 第八十八条 1 次に掲げる事項は、登録しなければ、第三者に対抗することができない。

Next

4 第九十五条第五項から第十三項までの規定は、第一項の二次使用料及び前項の団体について準用する。 当該機関による孤児著作物の使用の方法 3. 著作物の利用に際しては、今回の運用指針をガイドラインとしてご利用いただくことを重ねてお願いします。 3 著作者の不利益において前二項に反することができるのは、共通報酬規程(第36条)又は労働協約に基づく合意による場合に限る。

Next