隗 より 始めよ 由来。 「先ず隗より始めよ」の意味と語源

当時、中国は戦国時代のまっただなかにありました。 孤極めて燕の小にして以て報ずるに足らざるを知る。

問郭隗曰、 「斉因孤之国乱、而襲破燕。 泥をすすりながら。

「隗より始めよ」の現代の意味 隗より始めよという言葉をご存知でしょうか? 現在では以下のような意味で使用されています 1。 (前257年 - 255年)• 燕という国の王に賢者の集め方を問われた「郭隗 かくかい 」が、「従隗始、隗且見事、況賢於隗者乎」と発言したのに由来しています。

Next

この時、荊軻に同行したは上述の秦開の孫である。 督亢(とくごう、現在の河北省・)の地は秦のとなり、昭王が置いた5郡と合わせて秦の統治下では6郡となった。 当時は燕ではなく「 匽」と書いていた(本項では以下「燕」と書く)。

Next

「隗より始めよ」は日本でときどき使われる表現だが、注目を集める記者会見の場で、鈴木知事がこの中国と縁の深いフレーズを使ったことが、ますます中国人の心にぐっと刺さった。

(前361年 - 333年)• 期年ならずして、千里の馬至る者三。

Next