ガリヴァー 旅行 記。 原民喜訳『ガリバー旅行記』を読む

革命にも宗教がからんでいた。 また場合によっては、さらにこれを宮廷に送り返さねばならない。

Next

例えば、男性でも女性でも容姿、スタイル、好意をかちえた異性の数などが評価の対象。 「これほど不愉快で、またこれほど強い嫌悪が自然と沸き上がる動物を見たことは一度もなかった」。

はじめは、そっと顔のあたりまで近づいて来たのですが、一人の男が、手に持っていた槍の先を、私の鼻の孔にグイと突っ込んだものです。 しかしまたもや、うまい話にまんまと乗せられ、またもや航海へ出ます。 だが、こゝでは、こんな、とてつもない、大きな連中に会っては、この私はまるで 芥子粒 ( けしつぶ )みたいなものです。

Next

なお、ここで森田草平が「ひとりよがりの考え方」を批判しているのは、原作との関連で重要です。 つまりNは企てを、Bは騎兵連隊を、Lは海軍艦隊を意味するのだ。

Next

長すぎず短すぎず、原作の煩雑な記述は切り捨てながらも重要な諷刺はきちんと活かした名訳です。 位置に関して、文章による記述と本の中の地図とが必ずしも一致していない。

王様の野心というものは、かぎりのないもので、陛下は、ブレフスキュ帝国を、リリパットの属国にしてしまい、反対派をみな滅し、人民どもには、すべて卵の小さい方の端を割らせる、そして、自分は全世界のたゞ一人の王様になろう、というお考えだったのです。

Next