瀬尾 まいこ おすすめ。 2020年 上半期に読書ブロガーが読んだおすすめ小説TOP10紹介

最近のミステリーは「屍人荘の殺人」「ジェリーフィッシュは凍らない」「その可能性はすでに考えた」など新人の作家さんたちが上手い作品書きますよね。 【おすすめ記事】. ただ、あとに残された人たちが、 ナスミのいない世界でそれぞれどのように生きてゆくかという姿が描かれるだけです。

Next

公園でソフトクリームを食べ、海の見える岬まで軽トラを走らせるのがお決まりのコース。 仕事がしんどいと感じている人たちに、そっと手渡したい作品です。

Next

Next

瀬尾まいこ「戸村飯店青春100連発」がおすすめの理由 ある兄弟のなんてことない話なのだけれど、誰しもの心に突き刺さるような、身に覚えがあるような青春時代を思い出してむず痒い気持ちになる一冊。 その両方のテーマが織り込まれている一方、大阪をよく知る人であれば読みどころがたくさん!大阪出身の瀬尾さんが描く、活き活きとした大阪の姿に魅せられます。

Next

「あの、下ろし忘れちゃって」 「何だ、そういうことか。 瀬尾さんの作品の多くは、家族を描いた小説、あるいは青春小説です。 第5位. 全てがすっきりするようなものでもありません。

なぜか湖山に気に入られ、その場で内弟子にされてしまう霜介。

Next

(文藝春秋文庫版 表紙裏) 坪田譲治文学賞受賞作。 そんな不思議な家庭だけれど、血の繋がりなんて関係ないくらい、2人の愛は強い。

そして佐和子には、心の中で次第にその存在が大きくなるボーイフレンド大浦君がいて……。 さらに自動航行システムが暴走し、彼らは試験機ごと雪山に閉じ込められてしまう。

Next