及び の 使い方。 「お構いなく」の意味と使い方・敬語・類語・「及びません」の違い

「A及びB、並びにC」は「 A and B and C」ということです。 「A及びB」は「AとB両方」であるのに対し、「A或いはB」は「AとBのどちらか」という意味になります。 「及び」とは 複数ある事象や事柄について並べて挙げる際に使われる「接続詞」となります。

Next

「AあるいはB」は、「AかBのどちらか」 「或いは」は 「同類の事柄の中のどれか一つであることを表す語」です。

Next

接続詞」でした! この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。 かつ・またはとの違いはどこ? さて、ここで及びと似たような意味を持つ 【かつ】・【または】との違いについても見ていきます。

Next

しかし「準じる」も正しい日本語として扱われています。

Next

相手からの働きかけを受け入れる、従う• 分かりやすい例でいうと、「純米酒若しくは料理酒、または本みりん」は、純米酒か料理酒のどちらかを選ぶか、そうでなければ本みりんでも構わないという意味です。 これは明確なルールとして存在しているわけではありませんが、読み手にわかりやすく文章を伝えるために心がけておきたいことです。

また「A及びB並びにC」といった使い方もします。 」などと使われるでしょう。

Next

The moon as well as the stars was shining down on them. 意味が伝わりにくくなることもありますので、ポイントをおさえて使用するようにしましょう。 B会社に所属している人も同じ意味でグループとして分かれます。 結論から言いますと、法令用語としては区別されています。

Next