白毫 寺 奈良。 奈良の石仏と石塔

アーカイブ• 靴を脱いで堂内に入ると、正面に阿弥陀如来坐像(室町時代)が見える。 天衣をはなやかにまとい、条帛は細めに着けてお洒落な印象がある。 約20分の緩い登り勾配の道なので、適度な運動になる。

アクセス JR・近鉄「奈良」駅から 市内循環バスで「高畑(教育大前)」下車徒歩20分(新薬師寺より徒歩15分) お寺の石段下には有料駐車場(10台)がある。

それには細かな細工を施された光背も一役買っているようだ。 寺 [ ]• 金額、面積、場所、向きなどを考慮して、気に入った墓地を予約しましょう。

Next

すぐの信号を左折、道なりに(坂を登り)突き当たり左折、さらに道なりに進みます。 叡尊が復興し、長く住した奈良のには、仏師善春作の寿像(生存中につくられた肖像彫刻)が伝わるが、この白毫寺の像はその模刻像らしい。

Next

参道はちらほら程度。

像内には、「理趣経」が朱文字で書かれているそうで、「理趣大師」の御朱印をいただくことができます。 同縁起によれば、中興第二祖のは元年()、を請来し、翌年寺内に経蔵を建ててこれを収めたという。 墓石デザインに迷ったら、奈良市白毫寺霊園に建っている他のお墓を参考にしてもよいでしょう。

Next