国民 年金 任意 加入 前納。 国民年金 任意加入の条件・前納・メリットは?

年金受給権を得るため 国民年金の保険料をちゃんと払っていると、65歳からの老齢基礎年金を受け取ることができるようになります。 仮に25年間が全て、保険料を納付した期間ならば、次の年金額が支給されます。 しかし、どの条件にも該当しない場合があるのです。

この保険料は、仕事を辞めてしまった無職の方、アルバイトなどで生活をしている方も、支払いが必要となります。 (ただし、日本国内に住所を有する限りは外国籍の人も原則として年金の強制加入者に該当するので、任意加入する場面は少ないと思いますが。 保険料の前納期間中に出産した場合、免除期間分の保険料は還付されることになっています。

Next

なお、納付の仕方は、現金、口座振替、クレジットカードなどがあります。

Next

国民年金に任意加入する人の多くは次の2つのいずれかです。 国民年金の被保険者は4つに分類される 国民年金は、昭和61年4月以降、すべての国民が加入しなければならない年金制度です。 ただし、申請免除を行った場合、世帯主、配偶者が納付可能の際には、申請免除を受けることは出来ません。

Next

前納種類 前納額 割引額 申込期限 納付期限 引落日 2年前納 380,880円 378,580円 14,520円 14,420円 2月末日 4月末日 1年前納 193,420円 192,600円 3,500円 3,480円 6ヶ月 前期 97,660円 97,240円 800円 800円 6ヶ月 後期 97,660円 97,240円 800円 800円 8月末日 10月末日 クレジットカードで国民年金保険料を前納する場合、申込期限までに「」を日本年金機構に提出する必要があります。

本来年金は強制加入で必ず保険料を支払う必要があります。 自営業の方などは、月によっては収入も異なってきますから、毎月高い保険料の支払いは、かなりの負担となりますよね。

Next