スクワット イラスト。 絵で見てわかるスクワットのやり方【筋トレ初心者の方におすすめ】

バランスを取る際に、お腹周りの筋肉も鍛えられるので、スクワットのバリエーションを増やしたい方にもおすすめです。 特に高齢者の中には膝を曲げるだけで痛みを生じる場合がありトライできないことがあります。

Next

片足を一歩後ろにおき、前に出している方の脚を意識しながらスクワットを行いましょう。 やや胸を張った姿勢で背中や腰への負荷を分散させるように気を付けましょう。 横から見るとこんな感じ。

筋力が増えると基礎代謝も上がるため、食べても太りにくくなる、日常の消費カロリーが増えるなど、ダイエットにもうれしい効果が期待できます。

後足を鍛えるランジに似たポーズですが、前足を意識するランジとは異なり、こちらは後ろ足を意識します。

呼吸をしっかりしましょう 院長のつぶやき スクワットが高齢者に人気な理由は、高齢になったからこそわかる身体の悩みや不安を取り除いてくれるケースが多いということがあります。 > 2-5. 「後ろ足は台の上に乗せているだけ」というイメージを持って行うと負荷をかけやすいですよ。

Next

CKCとOKCの違いを知りたい方はこちら(スクワットについてもフォーカスした記載となっている)。

Next

下半身を鍛える筋トレで人気の「スクワット」。

Next