科学 技術 研究 調査。 統計局ホームページ/科学技術研究調査 調査の概要

0MB 下川信也・飯塚 聡・村上智一・栢原孝浩・酒井直樹・納口恭明・小笠原敏記・安田孝志 73-89 7. 65MB 増田和順・島崎 敢・佐野浩彬・李 泰榮・水井良暢 101-107 0. 7MB 22 1983. 7MB 佐藤照子 99-162 8. これらの政府間協定に基づき、「日本原子力研究開発機構—ベトナム原子力研究所」、「理化学研究所—VAST物理学研究所」、「宇宙航空研究開発機構—VAST」などの協力が実施されている。 第11回科学技術予測調査の概要• 回答率については以下のとおりである。

Next

5MB 中根和郎 17-98 6. 本調査は、「(ワークショップ報告)」検討と「科学技術の未来像」の検討を基に、「科学技術発展による社会の未来像」を描く調査です。 18MB 内山庄一郎 175-189 1. 7%)、日本(8. 職員数は5,514人、うち、教授・助教授215人、その他教員2,565人で、学部学生数(全日制)は5万1,000人である。 平成11年調査 「特定目的別研究費」のうち「ライフサイエンス」及び「エネルギー」を調査事項に追加• 国の面積は、32. 2MB 望月重人・阿部 修・佐藤 威・根本征樹・小杉健二 53-56 808KB 佐藤篤司 57-62 1. 9MB 11 1976. これは、韓国サムソン電子の現地生産・輸出の影響が大きい。

Next

刊行物以外の研究成果(観測データ,Webコンテンツ): Blankをご覧ください• 図をクリックすると、該当する報告書をご覧いただけます。 3MB 坪川博彰 109-116 0. 総務省ほか国内の統計については円を、OECDほか国外の統計については購買力平価ドル等を使用しています。

Next

その結果、キャリアパスに関する不安については、回答者の属性(博士か修士か、日本人か留学生か、等)により、不安内容ごとの優先度(不安を感じる度合い)に違いがあることや、博士人材が広く社会で活躍するために必要な能力である移転可能スキルについては、3人に1人はプログラムとして学ぶ機会があるが、3人に1人は「自主努力」に任されているか、「学ぶ機会がない」こと等が分かりました。 3MB 中須正 117-119 0. 1992年にフランスへ留学し、以降フランスで活躍しており、フランスとベトナムの国籍を有する。 本ライブラリに登録されている文献は、ユーザ登録不要でどなたでもご覧いただけます。

Next

2MB 佐藤照子 59-129 28. 1%)であり、ベトナム国内で裾野産業が育っていないことを示していると思われる。 機械製造・オートメーション技術• 1998年にはAPECに正式参加した。 同年12月にはズン首相が訪日している。

Next

4MB 東博紀 79-92 2. 1MB 長坂俊成・坪川博彰・臼田裕一郎・田口 仁・佐藤隆雄 53-61 12. 10 植原茂次・大谷圭一・箕輪親宏・片桐一美 1-82 9. 抽出方法 調査対象のうち、企業は、事業所母集団データベース及び過去の調査結果を基に作成した母集団名簿に基づき、研究活動の有無(2区分)、資本金階級(4区分)及び産業(40区分)の各層から所要の企業数を抽出した。

Next

事業名 超小型衛星研究開発に係るアジア等の宇宙新興国に向けた日本の支援可能性に関する調査研究 2. 科学技術研究調査は,我が国における科学技術に関する研究活動の状態を調査し,科学技術振興に必要な基礎資料を得ることを目的としている。

Next

42MB 上石 勲・安達 聖・山口 悟・本吉弘岐・石坂雅昭・根本征樹・中村一樹・山下克也 87-90 967KB 山下克也・中村一樹・上石 勲・本吉弘岐・中井専人 91-100 1. 18MB 佐野浩彬・吉森和城・佐藤良太・奈倉 登・鈴木比奈子・半田信之・磯野 猛・池田真幸・花島誠人・田口 仁・取出新吾・臼田裕一郎 133-146 1. 29 [調査資料-294] 2020. 2011年の第11回党大会では、2020年までに近代工業国家に成長することを目標として、引き続き高い成長を目指す方針が掲げられた。

Next