レター パック プラス 値段。 レターパックライト・プラスならコンビニで!購入・支払方法の注意点まとめ

郵便窓口や郵便局のネットショップ、コンビニなどで専用封筒を購入したら、荷物を入れてしっかりと封を閉じる。 ただ郵便ポストは別の場所に移設されたり撤去されることがあるので、 この地図が最新情報でないこともあります。 その他お取り扱いは内国郵便約款によります。

Next

したがって、レターパックプラスを利用する場合は自ずと郵便局窓口で発送を依頼することが多くなるでしょう。 レターパックであればレターパックライトであっても、レターパックプラスでも郵便物の配達状況が確実に分かるので非常に安心ですよね。

Next

レターパックを購入できる場所• これは1年前と同じ状況ですが、ほとんど販売物がなかったメルカリでもレターパックの出品が確認できました。

Next

A4サイズ・4kgまで送れるレターパックは、クリックポストやゆうパケットなど小型商品向けのサービスで送るには重すぎる荷物、かと言って、ゆうパックや宅急便などで送るには小さすぎる荷物を発送する際に最適の郵送方法です。 思い立った時にいつでも買えるのはメリットですが、唯一の問題は「コンビニすべてがレターパックを取り扱っていない」ということ。

切手SHOPでレターパックを購入するメリットとしては、クレジットカードが利用できるため、通常よりも少しお得に購入できるという点が挙げられます。 専用封筒の品名はしっかり記載 レターパックを発送する際、専用封用に記載する『 品名』はとても重要な項目です。 レターパックプラス• まさにかゆい所に手が届く、安くて便利なサービスなのです。

5cmの場合:スマートレター:180円• レターパック送り方まとめ レターパックの送り方はとても簡単です。 配達状況(追跡サービス)は無いですが、とにかく料金が¥180と安価なのが オススメな【スマートレター(特定封筒)】。

Next

大きさに制限がある(A4ファイルが入る封筒サイズ) レターパックはクリックポストゆうメールとは異なり、 ショッピングバッグなどを再利用して梱包することができません。

Next

5cm レターパックプラスのサイズは平面のものですが、単純に考えるとティッシュ箱のたて+高さとよこ+高さが超えていなければ理論上は入るはずです。 信書を送ることができます。

Next