ガムテープ ベタベタ 取り 方。 意外に簡単!窓ガラスについたテープ跡の取り方とは?

バターなどの匂いが気になるという場合は使用するといいでしょう。 アルコール• そのようなときは油でとかしてとるという方法をおすすめします。

Next

クリームには油分が入っており、ガムテープなどの跡を「溶かす」働きがあります。

Next

さすがにこれはいかん思い、ガムテープを剥がそうとしたのですが・・・ 全く剥がれません。

Next

またガムテープを張っていなかった部分と比べて明らかに日焼けの差があって、清掃後も結構目立ちました。 窓ガラスは、どうしても直射日光があたりやすく、高温多湿の環境になりやすいためです。 まとめ ガムは取り方によってうまく取り除ける場合もありますし、また余計にガムがこびりついてしまうこともあります。

簡単なものは消しゴムでこすってみる ごく小さなベタベタならば プラスチックの消しゴムを 使うのもオススメです。 ガラスに残ってしまったガムテープの跡はこうやってキレイに! 除光液とカッターやカミソリの刃で削ぎ落としたガムテープですが、下の接着剤だけ粘り強く残ることがありますね。

Next

だからといって丁寧にやろうとすれば、面積が広いと剥がすのに時間がかかって途方に暮れてしまいます。 しかも相当力を込めて削らないと取れないので、腕と手がパンパンになった覚えがあります。

Next

ガムは接着材の材料になるような物質と同じものが使われているということで、粘着性はとても高くなっています。 ステッカーが、直射日光や高温多湿に長期間さらされることによってベタベタ・カサカサしてきてしまうのです。 床や壁についたガムの取り方 フローリングや大理石、木材など床や壁が硬い場合は、ガムを冷やすと効果的にとることができます。

Next