ニッセイ グローバル。 ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)

具体的には、シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社が運営する 「シュローダー・インターナショナル・セレクション・ファンド・グローバル・ディビデント・マキシマイザークラスJ」 に投資されています。 42%(税込))と監査報酬、有価証券売買手数料、組入資産の保管等に要する諸費用などその他費用等(運用状況等により変動し、事前に料率、上限額を示すことができません。

Next

投資信託のご購入に際しては、必ず最新の「目論見書」および「目論見書補完書面」により商品内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。

投資信託の設定・運用は各委託会社が行います。 よってニッセイグローバル好配当株式プラス 毎月決算型 に投資することで間接的に世界中の高配当銘柄に投資することが可能です。 このファンドの最大の難点は、タコ足配当を出しているに過ぎないという点です。

Next

実質組入外貨建資産の為替変動に対しては、原則としてを行いません。 26 リターン(期間) 21. 世界中の高配当銘柄に投資することができる• 基準価額もたこ足配当となっているので下落傾向が続いていて、相場状況にもよりますが今後も更なる減配があり得る状況かと思われます。

Next

ファンドのパフォーマンスが酷いのも当然問題ですが、何より 後述する過剰な分配のほうがもっと問題ですね。 投資のプロが厳選した銘柄に投資することができるため、投資安心感がある• 詳細は各ファンドの目論見書等をご確認ください。 ニッセイグローバル好配当株式プラスは、日本生命グループの資産運用会社「ニッセイアセットマネジメント株式会社」の 毎月分配型投資信託で、主に世界各国(日本含む)の高配当株式に投資するファンド(運用目的に集められた資金)です。

Next

ニッセイ グローバル好配当株式プラス(毎月決算型)は2015年ごろ から急激に純資産総額を増やしていましたが、2018年以降は パフォーマンスが優れず、純資産も減少傾向にあります。

90 -- -- -- カテゴリー 25. 6 やや強い相関 0. 毎月分配型の仕組みをしっかり理解している投資家であれば、 まず投資をしないファンドです。

Next

55 -13. 2018. そんな人気の高い毎月分配型投資信託の中でも、「ニッセイグローバル好配当株式プラス」にはどんな特徴があるのか?そして、 毎月分配型投資信託のメリットやデメリットについても紹介していきます。 一部の投資信託には、信託期間中に中途換金ができないものや、換金可能日時があらかじめ制限されているものなどがありますのでご確認ください。 手数料や報酬等の種類ごとの金額及びその合計額については、具体的な商品を勧誘するものではないので、表示することができません。

Next