ラスト オブ アス 2 ポリコレ。 【ラスアス2考察】炎上・低評価とポリコレ配慮は無関係である理由【ラストオブアス2】

だから親となることで守るべきものができたディーナは「今度は行けない」と断るようになってしまう。 」 ニール「 『天のジェンダー』ね」 アニータ「それと私の解釈では、あれは安住の地ジャクソンじゃなくて『ジャクシュアリジウム』って呼びたいな。

小さい頃には、紛争による暴力の現場を何度か目撃しているようだ。 まさかこれほどの傑作が生まれるとは、前作のあまりに素晴らしいラストシーンからは想像ができなかった。

Next

ただ「それほど愛した相手と赤ちゃんよりもジョエルの復讐をエリーは選ぶ」というのが本作における重要な要素だと思うので、仕方ない所もある。

Next

そんなセスに対して、すかさずジョエルは間に割って入り「とっとと失せろ」とセスを非難する。

Next

「僕を受け止めて」 エリーは過ちごとジョエルを受け止めて、それはエリーがエリー自身を受け止めることでもあって、更には世界をあるがままに受け止めることにも繋がってるんだなと自分は思った。 最後に メタスコアのユーザースコアを見ていると0点つけている人でも グラフィック10点 ゲーム性8点 ストーリー0点 結果0点 みたいなレビューをよく見かける。 本記事では『ラスアス2』の感想を書きながら、本作におけるポリコレ要素や、ネットで氾濫しているデマなどについて検証していきたい。

Next

: もちろん、ほぼ親としての存在であるところのジョエルからそうした言葉を聞くことの強い戸惑いもあったかもしれない。 ゲームをプレイするというやり方でしか辿り着けないゴールに、自分が辿り着けてよかった。

Next