黒部 ダム 犠牲 者 数。 黒部ダム …その作られた昭和30年代という時代

」という、人間の底辺にもあたるような発言をして、実際に数字で比較してみたほどです。

サーカスのつなわたりみたいな崖道だ。

Next

。 そうでなければ本当の事業はやれるものではない。 裕次郎にとっては、勝負をかけての挑戦であった。

Next

きみたちにも、この巨大なクロヨン、黒部渓谷を見せてあげたい。

Next

二つの道は山越え、しかも、二、五〇〇メートルから三、〇〇〇メートルの山、もう一つは断崖、三つの道があるとはいっても、みな輸送もできそうにない道である。 「方法は一つしかない。

Next

ダム観光施設の運営は、関西電力関電アメニックスくろよん観光事業部が行っている。 この激流が、黒部川だ。

Next

11以降、原子力発電の安全性が大きな社会問題となる中で、大きなプレッシャーを受けながら、2年前の7月から昨年9月まで安全・安定運転を完遂した大飯3,4号機の運転員やメーカーの皆さんに対し、関西電力社員が全社をあげてエールを送りましたが、今も「くろよんスピリット」がしっかり受け継がれていることが実感できた出来事でした。 「社長、クロヨンについては、大正のはじめころから計画はあったわけですし、わが社が、昭和二十六年に発足してからも、毎年、黒部渓谷調査隊をおくりこんできたわけです。 石原プロの第1回作品は、若干20才の堀江謙一青年が単身ヨットで太平洋を横断して一躍ヒーローとなった、その実録を映画化した「太平洋ひとりぼっち」(1963年)であった。

Next

6 黒部ダム50年 「負けない精神力引き継ぐ」 [写真]慰霊祭には、関電や工事関係者らが出席した(細野登撮影) 「世紀の大事業」と言われた黒部ダム(立山町)の完成から50年を迎えた5日、同ダム右岸の殉職者慰霊碑前で「くろよん50周年慰霊祭」が行われた。 発電所は、一〇キロばかり下流にあって、ここからは見えない。